美肌と健康ボディを保つための活性酸素対策

若々しい健康ボディを保つための活性酸素対策

肌のしみやシワ、疲れが取れない、
むくみ、足がつる、カラダの機能低下・・・
そんな
エイジングによる老化現象は

細胞を攻撃する活性酸素が主な原因でもあります。


6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s.jpg

若々しい健康ボディを保つための活性酸素対策

<生活習慣病を引き起こすこともある活性酸素とは?>

若々しい肌、健康なボディでいるために、
カラダのサビを防ぐ『抗酸化』について
の知恵をつけていきましょう


人が生きていくうえで酸素は、必要不可欠です。
でも
切ったリンゴに空気が触れると茶色く変色していくように

酸素が細胞と結びついて起きる現象によって

人のカラダも

同じように“酸化”していきます。



活性酸素とは、そもそも酸素の不安定な分子です。

酸素すべてが悪いのではありません。

体内に入った中の、数パーセントが活性酸素に変化して

それが増えすぎると、細胞を攻撃し老化の原因となっているのです。


fb435164779a9a5a7a565e6508d1ccb1_s.jpg



若々しい美肌と健康ボディを保つための活性酸素対策



<活性酸素が増加する原因とは?>


1.紫外線

紫外線を浴びると、
皮膚を守ろうと体内の活性酸素が活発化します。

活性酸素による細胞の酸化を食い止めるために
“メラニン色素”が発生し、
シミの原因となります。

コラーゲンも紫外線によって酸化するため、
肌の弾力が失われシワに。

紫外線によって水晶体内
に発生した活性酸素が
近年の研究では白内障の原因にも
上げられてもいます。

日焼け止めクリームや日傘などで、
紫外線から
しっかり皮膚と目を守りましょう。


13e546b29090f3467636f760422372a5_s.jpg

2.喫煙

タバコに含まれる発がん性物質のタールが肺に入ると、
カラダの免疫システムがはたらき、活性酸素が発生します。

この活性酸素が増えると
肺の細胞組織が破壊、息切れや肺がんの発症リスクが高まります。

また、喫煙者のそばにいると、
副流煙によって有害物質をカラダに取り込んでしまい、
活性酸素が発生しやすくなります。



3.ストレス


人は強いストレスを感じると、活性酸素を発生させ
血管の内壁を傷つけ、血管を狭くしやすく血流が悪化させるなど
体内環境を低下させます。

活性酸素は血液中のコレステロールを酸化させ、
動脈硬化を引き起こす原因となりやすいとされています。



4.飲酒と食品添加物

アルコールの過度の摂取や食品添加物。

これらは肝臓で解毒・分解されますが、
その多くが分解ができず体内に蓄積されていきます。

代謝機能や解毒作用を担っている肝臓に
過程で活性酸素が発生し大きな負担がかかる場合もあります。


若々しい美肌と健康ボディを保つための活性酸素対策

1.jpg

<抗酸化生活を習慣にするには?>


活性酸素によるカラダのサビ付きを防ぐことを
“抗酸化”といいます。

普段の生活習慣で、これを心がけることで、

肌の老化、
がんなどの生活習慣病の予防につながります。

重要なことは、

活性酸素を多量に発生させないような生活習慣を目指すこと、

そして同時に
「抗酸化作用のある栄養素」に注目して

バランスよく摂取することが効果的です。




[抗酸化効果のある栄養素]

90e29db2b92d5ac6171adc08870728d0_s.jpg


●ビタミンE
【多く含まれている食品】
アーモンドなどのナッツ類
かぼちゃ
植物油
うなぎ
アボカド など



●ビタミンC
【多く含まれている食品】
柑橘類などのくだもの
ピーマン
ブロッコリー
ほうれん草
じゃがいも 

f9f0f4ef2dd353d52f02976dff510eb1_s.jpg




●亜鉛

【多く含まれている食品】
牡蠣
牛肉
うなぎ

牛や豚のレバー など


*仕事や家事に忙しくて、
バランスのイイ食事をとることができない人は、
サプリメントを補うのもひとつの方法です。