お地蔵さまのものがたり

お地蔵さまのものがたり: (延命地蔵経 抜粋) -
お地蔵さまのものがたり: (延命地蔵経 抜粋) -


お地蔵さまのお話 (概要)

(参照、文献・延命地蔵経・本願地蔵功徳経)



あるとき、帝釈天がお釈迦さまに質問しました。

「お釈迦さま、

お釈迦さまのお亡くなりになった後
末法のけがれた世に生まれる人々は
いったい、どのようにして救われるのでしょう。」

お釈迦さまは、帝釈天に告げました。

「ひとりの菩薩の話をしよう。・・・・

その菩薩は

「延命地蔵菩薩」という名である。


・・・・

・・・・



DSC00029.JPG



<出典 地蔵和讃>


  ものの哀れのそのなかに
  さいの河原の物語

  これはこの世のことならず
  死出の山路の裾野なる
  さいの河原の物語

  二つや三つや四つ五つ
  十にも足らぬおさなごが
  広き河原に集まりて

  父を尋ねて立ちまわり
  母をこがれてなげきぬる
   父恋し母恋し
  恋し恋しと泣く声は
  悲しさ骨身を通すなり

  その幼子たちはみな
  河原の石を拾い集めて
  積み重ね回向の塔を組む

  一重組んでは父のため
  二重組んでは母のため
  三重組んではふるさとの
  兄弟我身と回向して

  あまりの心の悲しさに
  石を集めて塔を組む

  しかし地獄の鬼は
  くろがね色の鉄棒で
  積みたる石の塔を押し崩す

  一重積んでは父を呼び
  二重積んでは母恋し
  昼は独りで遊べども
  日も入り相いのその頃は
  地獄の鬼が現れて言う

  おまえらは何をしている
  娑婆で生きている父母は
  追善供養の勤めもせず  
  朝に晩に悲しみを嘆いている
  (酷や可哀や不憫や)と

  親を嘆かせている汝らは
  罪深い、だからそれが
  おまえたちが苦患を受くる原因なのだ

  その様子を
  地蔵菩薩がご覧になって
  
  お前たちのが親はまだ娑婆に生きている
  お前たちは命短かくて
  死の世界へ向けて
  冥土の旅に出たのだが

  人間界(娑婆)と死後の世界(冥土)は
  とても遠し
  
  お前たちの親は、人間界にいて
  三途の河原にはこれない

  今からはこのわたしを
  父とも 母とも思いなさいと
  深くあわれみ給い
 
  地蔵菩薩は、幼き者を
  お地蔵様の御衣の内に入れて、
 
  いまだ歩まぬみどりごをも
  錫杖の柄で引き酔えて
  慈悲の肌にいだきかかえて、
  なでさすり哀れみたまう


  大悲の地蔵菩薩にすがりつつ
  こどもたちは
  われもわれもと集まりて
  泣きながら眠るのである





お地蔵さまのものがたり 日本の心と仏教の継承

Amazon.co.jp