コミュニケーションが苦手なら「心のダイエットセラピー」

コミュニケーションが下手な理由
 
心のダイエットセラピー


6032bbe8587a02191c4af5d77aaec69e_s.jpg

コミュニケーションが怖い人は愛を受け取るのが苦手です。

理由の一つは理解の深さ=愛情の深さと思っているからです。

「理解や共感=愛情」と感じているうちは、
愛情を受け取ることが下手なままです。

愛情があっても、
理解出来ないものは出来ないし
愛していても、
解らないことはあります

たとえば

・小さな子供3歳くらいの時のつたない言動
・思春期の高校生の突拍子のない行動
・世代の違う家族が夢中に熱唱している演歌の味わい

それを理解出来ないことはあっても、めちゃくちゃ相手を愛してる、ということが実際にあります。

さらに

相手が理解してくれないと
子供は「怒る」ことがあります、
それは「愛されていない」と思うからです。

思春期の高校生も、
親がわかってくれないときに
反抗したり、悩んだりしますが
それは

「愛されていない」と感じるからです。

「愛してるなら理解してくれるはず」と思ってしまっているからです。


親子間だけではなく
夫婦間でも、
この同じ心理パターンが働きます

599e39b28ecd6bd35f0f3853d8ae2a28_s.jpg


コミュニケーションが苦手なら
心のダイエットセラピー



愛され上手な人は

「愛していても理解が出来ないこともある」
「共感されないことがあっても、嫌われているわけじゃない」

ということを知っています。

「理解や共感の度合い=愛情の深さ」では無いということに気づくと、コミュニケーションがうまくなります。

そして愛情を受け取ることが上手になります



同じ日本語を話していても、
わからない時はわからない。
意味が通じていないときはあります。

とはいえ

「共感や理解の深さ」と「愛情の深さ」はリンクしない

この点に気づいている人は、コミュニケーションが楽にできるのでコミュニケーションが上手になっていくのです。


b51526efcd922dd6a51ec30c84a8ec5b_s.jpg




心のダイエットセラピー
かまってちゃん病になっている時



コミュニケーションが下手で
悩んでいる人の中には


知らず知らず
マイナスの感情や
不幸な出来事を
コミュニケーションのネタにする心のクセを持つ人が多いようです



辛いこと、悲しいこと、不幸な出来事、大変な状況が続いていて、それを周囲に伝えたい衝動に駆られてる場合「かまってちゃん病」になってる事が多いのです。


不幸や悲惨な状況をネタにしてコミュニケーションを取ってくる人が、周りに多い場合も、その環境になじんでしまうので危険です。

なぜ危険かと言えば

それは

幸せな人や
楽しい幸福な人や
優遇されるような上質な
感じのイイ
ときめくような
高い波動やエネルギーを
持っている人たちを

どんどん遠ざけてしまうからです。

むしろ

良い状況であることや
楽しさ、嬉しさ
ワクワクするような出来事や
ドキドキ感
喜びごとや
和やかで
幸福感あふれる内容を
コミュニケーションしているほうが、

実は
もっと人に「かまってもらえる」ということに気づいていくと、コミュニケーション上手になります。

人は
高い波動や
幸せのエネルギーや
楽しそうな雰囲気にこそ、
引き寄せられてくるのです。



5719b6c503552821b6ec48f2eefb60a5_s.jpg


コミュニケーションが下手な理由
 
心のダイエットセラピー


好きな人の前で、うまく話せないという悩みもあります
好意を持っている相手ほど、うまくコミュニケーションができなくなる。

なぜ
あんなこと言ったのかと悩んだり

なぜあの時に、
言えなかったのかと悩んだり。

その原因は
「嫌われたくない」という思いです。


この想いを手放してデトックスして、心のダイエットをしておかないとコミュニケーションが取れなくなります

「どうしても好かれたい」
「絶対に嫌われたくない」
と感じている相手ほど
コミュニケーションが取れなくなります。

「嫌われたくない」
「好かれたい!」
と強く思っている人が、
陥りがちなのは

嫌われない唯一の方法を選択してしまうことです。

それは、
「コミュニケーションを取らないこと」です

嫌われないように
コミュニケーションを取らず、
誰ともかかわらず
ずっと一人でいる

そんな
無意識な行動パターンに陥っていることがあります


「嫌われたくない!」とか
「失敗したくない!」
という思いが強い人は、

自分で
自分のダメな部分を
受け入れたり許したりすることができないのです。

それが怖いのです、

自分の失敗を受け入れたくないから,
コミュニケーションをしない、

そしてますます
コミュニケーションが苦手な状況になっていきます。


そんな人には特徴があります

それは

「相手がどれだけ好意を持っているとしてもそれをキャッチできない、愛情を受け取るのが下手」という特徴です。

勝手に「自分は嫌われた」「好かれるはずがない」「嫌われている」と決めつけている場合もあります


そんな心のクセを取り除いて
心のダイエットセラピーをすると

もっと
コミュニケーションが楽しくなって
愛され上手になっていきます




コミュニケーションが下手な理由
 
心のダイエットセラピー



人間の心は面白いものです
失敗したり、
かっこわるくても、

好かれるときは好かれます。

むしろ、失敗したことが、
好かれる材料になることも多々あります。


そもそも
自分で自分の失敗を許せない
とか

そもそも
自分は嫌われているに違いない
とか

自分の中に
頑固な信じ込みがあると


愛されても
好かれても
好意をもって優しくされていても

それの愛情を受け取れないし
そのやさしさに気付かない。
そんな状況になります

そういう人は
多くの場合
心を許せる友達がほとんどいません

心のクセを手放して
信じ込みをデトックスして
心のダイエットセラピー
をお勧めする理由は


・愛され上手になることは簡単だから
・コミュニケーションが楽にできるようになるから
・そのままでも好かれることがあるんだということを受け入れる経験ができるようになるから。

です

全ての人から好かれようとしなくてもいいのであって
つまり

嫌うことも
嫌われることも自由なので
嫌われたくらいで凹むことはなく

好いてくれる人もいるのだということに
気づけるようになります。

コミュニケーションが苦痛なときは
自分を好きになっていないときです
まず
もっと自分と
うまくコミュニケーションをとりましょう

自分を好きになれるように、
好きなことをしましょう
嫌なことを辞めましょう
遠慮を辞め八方美人を辞めましょう

本当に大切にしたい人を大切にする
自分を大切にする

すると不思議なくらい、
愛情を受け取ることが上手になります

人から好かれ、
更に好循環になり
コミュニケーションが楽になります


人間関係 損をする人しない人: 人間関係7割損している理由 -
人間関係 損をする人しない人: 人間関係7割損している理由 -


なぜあの人は幸運をくり返すのか?: ひとの形をした仏さまと出会う方法 -
なぜあの人は幸運をくり返すのか?: ひとの形をした仏さまと出会う方法 -


幸運を繰り返す人が知っている5つのルール -
幸運を繰り返す人が知っている5つのルール -